黒にんにくの効能

  • HOME
  • 黒にんにくの効能

黒にんにく

黒にんにく
黒にんにく

フルーツ感覚で食べられる黒にんにくの秘密!

今、話題の『黒にんにく』。にんにくの臭いが気になる、本当に身体に良いのか、食べて大丈夫なものなのか、など様々な疑問があると思います。
ここでは、黒にんにくの効能や効果などの特徴を説明していきます。

1. 黒にんにくには、にんにく特有の臭いがありません。

黒にんにくは生のにんにくを長期間熟成させてできたものです。長期間熟成させることにより本来あるにんにく特有の臭いの原因のイオウ化合物が取り除かれます。にんにく臭がなくなることにより、食べやすくなり毎日食べても口臭や体臭が気にならないというメリットがあります。

2. 生にんにくにはない新成分

黒にんにくには熟成させることによって、生にんにくには含まれていない新成分「S-アリルシステイン」が生成されます。
このS-アリルシステインの生成によって、生にんにくにはない新たな効能が生まれました。
この成分にはコレステロールの低下や抗酸化作用があると言われています。
コレステロールを低下させる抗酸化作用があるということは、サラサラな血液を保ちながら酸化体質を防ぐ効果があるということです。その他にもS-アリルシステインには様々な効能があるようです。
S-アリルシステインには以下の期待ができます。

  • コレステロールの低下作用
  • 抗酸化作用により、血管や肌の酸化を防ぎ、老化予防の効果(生にんにくの約10倍の抗酸化力)
  • 免疫力が高まり、風邪などの予防効果
  • 疲労回復
  • 滋養強壮
  • 寝起きが良くなる
  • 活力・元気が出る

普通のにんにくを食べるよりも、身体に良いのです。

3. 黒にんにくは代謝を亢進して身体の冷えを改善します。

にんにくには、血管拡張作用や血液の流動性を高める作用によって血液循環の改善に期待ができます。さらに、代謝を亢進して体熱産生を高め、冷えの改善に期待ができます。
黒にんにくは生にんにくよりも冷えを改善する効果が高いとされており、冷え性の人が食べると皮膚温を上昇させ、四肢の冷え、冷えによるしびれなどを改善する効果が期待できます。

4. 黒にんにくのよくある質問

黒にんにくのよくある質問をいくつか紹介します。

Q&A

Q1.なぜ黒いの?

黒にんにくは生にんにくを高温、高湿の環境に3~4週間置くことで、黒くなります。
この黒くなる変化はチョコレートなどと同じメイラード反応だと考えられています。
製造過程で食品添加物を一切使っていないので安心して食べられます。

Q2.どんな味がするの?

熟成されて黒くなると、なぜか甘くなります。食べた人からは、ドライフルーツのような感じという感想が良く聞かれます。

Q3. 本当に臭いは大丈夫なの?

食べる時には甘酸っぱい匂いはします。
でも、ギョーザやにんにく揚げなどを食べた後と違い、口臭は気になりません。仕事中や恋人とのデート前でも大丈夫です。

5. 黒にんにくの成分表

黒にんにくの成分表
(黒にんにく100gあたり)